2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

2012年1月1日 - 2012年1月7日の記事

2012/01/04

「自由」と「自律」

というわけで(?)2012年は,2011年にやり残したことに手をつけようと考えているわけですが,個人研究の案件は「ポスト貸出至上主義の公共図書館経営論」というものです。

そろそろ『市民の図書館』に替わる新たな公共図書館経営の指針が必要,と言われ始めて早幾星霜。もはや待ったなしの状況に業界は追い込まれているように見えます。追い込まれてからが強い,などと戯言を言っている場合ではございませぬ(^^;)。火事場の馬鹿力が通用するのはアマチュアのオケや合唱団であって。

その「ポスト貸出至上主義の公共図書館経営論」を論じるにあたって,今年は「公共図書館における『自由』と『自律』」について取り組むことを考えています。「図書館の自由に関する宣言」と名付けられた文書はあれども,これはいわゆる「自由」についての文書ではありません。「図書館の自由に関する宣言」が「自由」について述べているのであれば,業界系某雑誌の編集部がこの宣言をモチーフにした某小説を書いた作家の秩序なき検閲行動をヤニ下がりながら追認するわけがないじゃないですか(^^;)。

いま「秩序」という言葉を持ち出しましたが,「自由」を行使することを考える上で「秩序」を考えることは欠かすことができません。ところが上記の編集部もそうですが,秩序を嫌うくせに「秩序」を好む輩が,この業界には多すぎます(^^;)。その手のファシストが好む「秩序」から最も遠いところにある秩序,ハイエクが述べるところの「自発的秩序」を,果たしてこの業界において誰が,どのように担うことが可能なのか,もしくは不可能なのか,を考えることによって,公共図書館経営論に何がしかの光をあてることができれば,という目論見をいだいております。

そこで,「秩序」にせよ「自発的秩序」にせよ,ハイエクやミルトン・フリードマンをはじめとする新自由主義的な匂いを嗅ぎつけて喚き立てる輩もいるでしょうから,今回は「秩序」ではなく「自律」という言葉を用いて,公平と公正について考えることを織りまぜながら,何かを語ることができれば。


余談ながらハイエクは,ミルトン・フリードマンが『隷属への道』の序文で評価しているような意味でエラいひとであるわけではないと思うのですよねえ(^^;)。

恥ずかしながら生きております

本年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

今年もあと11か月とわずかになりましたが,2012年は2011年の傷跡を癒し復旧しつつ,2011年にやり残した,あるいは手をつけることのできなかった多くのことを,ひとつでも締めくくり,あるいは手をつけることができれば幸甚です。

今年は年賀状に盛唐末期の詩人岑参(715-770)の「山房春事」から挨拶を取りました。


梁園日暮亂飛鴉
極目蕭條三兩家
庭樹不知人死盡
春來還發舊時花


庭の木は人が死に絶えたのも知らず,春が来れば再び昔のままの花を開く。
僕自身,自らに対して,いまさら希望も持ってませんが,いまだ絶望もしていません。恥辱だけが生き残っているのかもしれませんが,それもまた「行蔵は我に存す,毀誉は他人の主張」です(^^;)。


今年も力の及ぶ限り,生き抜きます。

« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ