2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« その日のこと(3) | トップページ | その日のこと(5) »

2011/07/27

その日のこと(4)

承前

勤務先には僕以外に3人の職員(総勢4名)がいます。この日は僕と職員Aが不在で,職員Bと職員Cが留守をあずかっています。駅前の駐車場からクルマを出す前に職員Cのケータイにメールを送ってみたところ,たどり着く前に「館内はめちゃめちゃ,みんな避難します」という内容の返事が来たので,いやこれはどうしたものかと足早に構内を抜けたところ,正門で職員Bと職員Cと学生数名が集まっているところに出くわします。無事でよかったよかった・・・・・・。

挨拶もそこそこに誰かの「こちらに集まってください」という声を聞いて,構内でもっとも新しい建物の1階に集まります。もっとも頑丈,という触れ込みでしたが,確かにびくともしていないようです(壁に若干の亀裂は入ったものの,本当に頑丈でした)。教職員と学生と何人くらいいたでしょうね。大学は既に春休みでしたが,学生宿舎からも学生が避難してきていたので,結構な数の学生がいたと思います。

「今日は休暇をとってましたが,地震を受けて取る物も取り敢えずこちらに戻ってきました。街の中は停電やガス漏れが起きてましたよ」
「街から来たのなら,◯◯◯が街の情報を知りたいようだから説明してやって」
あ,いたいた。
「◯◯◯先生,無事で何よりです」
「おー,G.C.W.くんかあ。今日はお前が四股踏んだんだろう」
(・・・・・・おいをい。)

「男性の職員は集まってください。震災の被害を確認するのに数名ずつに別れて各方面に行っていただけますか」
「G.C.W.さんのグループは図書館へお願いします」
ここでこの日,初めて図書館棟に入ることになります。

あまりのことに唖然とするしかない光景が,眼の前に広がってます。

Img_101001

これは図書館棟の基礎にみとめられた液状化現象。ここは明治頃まで沼地だったらしく,地盤が柔らかめだったらしい。


Img_100701

建物と踊り場をつなぐ部分が崩落したところ。


Img_1018

3階の閲覧室で書架が倒壊し,排架されていた楽譜が散乱しました。ここに写っている机に資料を広げていた学生は,地震発生の前に図書館を離れていたため難を逃れました。


Img_1020

2階閲覧室。木製の雑誌架は最初の地震ではなく,みんなが避難したあとに発生した余震で倒壊したものとの由。奥に見える参考図書架は,7割ほどの本が落下してます。


一回りして避難所の建物に戻り,そこで「復旧は来週から」という指示を受け,いったんは図書館棟へ引き上げます。揺れが来たとき,館内で国家試験の勉強をしていた学生も避難所から教員の誘導で戻ってきて,荷物を片付けて帰路につきます。館内には書架や本が散乱し,事務室も足の踏み場がない状況で,まずはみんな立ち話です。ここでいろいろここまでの話を職員B,職員Cから聴きます。たまたま消防設備の点検が来ていたこと,ブックトラックが踊ったこと,キャレルディスクが将棋倒しになったこと,正面入口を倒れた書架と本が塞いでしまったこと,消防設備の点検に来ていた方々にお願いして取り急ぎ通路を確保したこと,学生がひとり行方がわからなくなったこと(実は昼過ぎに荷物をおいて誰か教員のところに遊びに行っていたらしく,避難所で確保したが,ひと悶着あったらしい)などなど。幸い,窓ガラスなどは割れておらず,端末も僕が使っていたものが机上から落下した以外はみんな無事。「危険なので構内の電源を落とすから,サーバ等電源を切ってください」という連絡が来ましたが,肝心のサーバまで辿りつけないんでないの?


Img_102601

遠くに見えるのが無停電電源装置。

「ごめんなさいごめんなさい踏むよ」
落下して折り重なっている本を踏み分けてサーバにたどり着き,何とか電源を切ることに成功します。では取り敢えず定時になったので退勤! 明日明後日は休日,自分もまずは寝る所が確保できるかどうか。

帰り際に一時避難した建物の前を通ったら,すでに近隣の住民が何人も避難してきています。どうやら住居が損壊したようです・・・・・・。

続く。

« その日のこと(3) | トップページ | その日のこと(5) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東北地方太平洋沖地震」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その日のこと(4):

» その日のこと(5) [愚智提衡而立治之至也]
(承前) そんなわけで自宅に帰ります。築40年を超えるボロアパートは,崩壊もせず [続きを読む]

« その日のこと(3) | トップページ | その日のこと(5) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ