2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »

2010年1月10日 - 2010年1月16日の記事

2010/01/12

マーラー/巨人

マーラー/交響曲第1番ニ長調@サイモン・ラトル/バーミンガム市交響楽団(EMI:7 56647 2)

 1991年12月16日-19日の録音.
 ラトル絶好調時の録音,どこをとっても言うこと無しの颯爽とした名演(^o^)/ 知情意のバランスが完璧に取れているのではないかと思う.

2010/01/11

案件(メモ)

1) 公共図書館の存在は広い意味での社会保障(生活保障)である

2) まちづくり(都市開発というより,まちおこし)における公共図書館の存在価値

3) 『城下町都市』(鹿島出版会)のような公共図書館の立地悉皆調査と研究

4) 加藤成之兄弟の話

5) 雑誌「スカート」

6) 「図書館員大賞」

7) 縮小均衡下における「図書館」機能の生き残り

8) 補助線としての図書館(概念と機能)


・・・・・・ひとつふたつは形にする,と.

ショスタコーヴィチ/交響曲第6番

ショスタコーヴィチ/交響曲第6番ロ短調作品54@クルト・ザンデルリンク/ベルリン交響楽団(ベルリン・クラシックス:0021812BC)

 1979年4月の録音.
 確かアナログ最末期の優秀録音で,日本で発売されたジャケットも粋な雰囲気を漂わせるものだった.あの頃はザンデルリンクのショスタコーヴィチを買っても,誰も相手にしてくれなかったな(^^;).絃楽の美しい,静謐に基軸を置いた古典的で格調高い演奏なのだが,ソ連/ロシアの金管がつんざくような演奏ではないのでウケが悪かったのだろうか.

2010/01/10

ショスタコーヴィチ/交響曲第8番

ショスタコーヴィチ/交響曲第8番ハ短調作品65@ベルナルド・ハイティンク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(デッカ:444 430-2)

 1982年の録音.
 ハイティンクのショスタコーヴィチ全集は,西側最初の交響曲全集録音ということでいろいろと評判になったが,如何せんハイティンクの棒があちらこちらで緩んでおり(4番とか7番とか),「西側最初」以上の価値はあまりないように聴こえる.
 この8番は,その中でも成功した録音のひとつで,際立った表情付けなどは聴かれないが熱のこもった演奏であり,コンセルトヘボウのアンサンブルも随分引き締まっている.

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ