2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ツクバに行って来ました | トップページ | 「理想の図書館」がわたしに語ること(リハビリ7番勝負その1) »

2010/09/26

某大学図書館見学記

 先週,とある用事で訪問した某大学の図書館見学記。

 とにかくこの大学の建物は,地場産の建材をふんだんに使用したもので,そこかしこでいまだに建材の香りがただよっています。あの木の香り,気持ちが落ち着くんですよねえ(^^;)。

 この大学の図書館は巨大な階段教室のような4階建て(一部5階)の施設。書架の脇にある階段を上がっていくと,そこに閲覧スペースがあって机と椅子が置いてあり,また書架があって上って行くと,を繰り返して4階に壁一面の書架がありました。すべて造り付け。階段を上がらずに1階を直進すると,そこも閲覧スペースで椅子と机が設置してあります。印刷された雑誌はあまり排架していないのか,雑誌架の丈が低かったことが印象に残ってます。電子ジャーナルの購入状況などは聞いてきませんでしたが,さて。
 とにかく天井が高く,また1階から4階に渡してある飾りの柱が継ぎ目の無い,地場産建材の1本柱であることに仰天しました。

 蔵書数は,洋書が64000冊,というのは伺いましたが,和書は「洋書に比べて少ないんです」との由。新着図書に内藤湖南全集があったのが目立っていたように思えたのは,文系人間の性ですかね(^^;)。書架に空きがかなり残ってますので,あと4,5万冊はいけるのではないかと。閉架書庫もあるようですが,今回は案内されませんでした。次の機会に!

 難点は,照明が全体的に暗かったことですね。ふと気がつくと,すべて間接照明なのです。館内の照明も,閲覧机の照明も。当日の天気が悪かった(昼間はかなり強い雨が降りました)を差し引いても,これは如何なものかと(^^;)。そういえば,やはり建築関係の賞をもらった某大学の図書館が,これまたすべて間接照明でどうたらこうたら,という噂を聞いたことがありますが・・・・・・。


 個人的には,「優れた建築」イコール「優れた図書館建築」ではない,というところが問題。つまり,図書館建築として優れている建築,というのは原広司言うところの「均質空間」に他ならないのですが,すぐれた建築というのは往々にして均質ではない空間を作り出す建築,であるわけです。言い方を変えると,使い手によって初めて主張を生み出す空間ではなく,作り手によって予め主張が繰り出されている空間があることが,すぐれた建築として評価される点のひとつであろうと。それはつまり,使い手によってアレンジすることへの許容範囲が非常に狭いことを意味するのではないかと思うのです。機能が年月を経るごとに変化することへの対応が求められる図書館建築において,アレンジの幅が予め限定されていることは,すなわち「使い勝手の悪さ」に直結するのではないでしょうか?

« ツクバに行って来ました | トップページ | 「理想の図書館」がわたしに語ること(リハビリ7番勝負その1) »

図書館の風景」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 某大学図書館見学記:

« ツクバに行って来ました | トップページ | 「理想の図書館」がわたしに語ること(リハビリ7番勝負その1) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ