2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 晦渋という言葉を音楽化する | トップページ | 国立国会図書館のOPACで所蔵しているアナログレコードの書誌が検索可能に »

2010/06/10

尋常ならざる

J.S.バッハ/音楽の捧げものBWV1079@ヘルマン・シェルヘン/9人のソリスト(ウェストミンスター:MVCW-18015)

 1951年の録音。
 シェルヘンはいつも,ベートーヴェンやマーラーのライヴに聴かれるような,ネジが2,3本ふっとんだようなヘンテコリンな演奏ばかりしていたわけではない(^^;)。「3声のリチェルカーレ」で始まり「6声のリチェルカーレ」で終わる曲順で,2つのリチェルカーレも室内楽に編曲されている,ロジェ・ヴュアタという作曲家の編曲にかかる,この「音楽の捧げもの」では,室内楽編成のアンサンブルを精密に丁寧に生真面目な解釈で練り上げている。録音のせいもあってかなり神経質な感じに聴こえるが,決して奇矯ではなく,「こーゆうものかも」という説得力のある演奏である。

« 晦渋という言葉を音楽化する | トップページ | 国立国会図書館のOPACで所蔵しているアナログレコードの書誌が検索可能に »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尋常ならざる:

« 晦渋という言葉を音楽化する | トップページ | 国立国会図書館のOPACで所蔵しているアナログレコードの書誌が検索可能に »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ