2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 若書き | トップページ | 「古き良きアメリカ」のリアリズム »

2010/06/06

奇をてらわない

J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲BWV1007-BWV1012@ラルフ・カーシュバウム(ヴァージン:5 61609 2)

 1993年1月の録音。
 カーシュバウム(1946-)はアメリカ生まれのチェリスト。僕はNHK-FMで偶然聴いたシューマンのチェロ協奏曲のライヴ(ジェフリー・テイトとECOの共演)で感心して以来,このひとが好きなのだが,スター街道を走るタイプではないようで,録音もメジャーにあるわけでもない。中では,このチェロ組曲集が思った以上に聴かれていて,しかも評価が高いみたいで何より。奇をてらわない,しっかりした様式への感覚と,誠実な解釈が何とも爽やかで心地よい演奏である。

« 若書き | トップページ | 「古き良きアメリカ」のリアリズム »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇をてらわない:

« 若書き | トップページ | 「古き良きアメリカ」のリアリズム »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ