2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 奇をてらわない | トップページ | 晦渋という言葉を音楽化する »

2010/06/07

「古き良きアメリカ」のリアリズム

アイヴズ/交響曲第3番「キャンプ・ミーティング」@ユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管弦楽団(BMG:BVCC-38301)

 1968年10月3日の録音。
 新しいものに対する嗅覚がすぐれていたらしいグスタフ・マーラーがニューヨークで偶然写譜を見て,自分で演奏するべくスコアを持って帰ったという逸話のある交響曲。アイヴズの根暗な部分が色濃く出ている,「交響曲」としては破格な作品なのだが,そのあたりがやはり破格な作曲家だったマーラーの琴線に触れるところがあったのだろう。

 この,雲をつかむような音楽を,リアリストのオーマンディが「古き良きアメリカ」な雰囲気で演奏しているところが,面白いところである。

« 奇をてらわない | トップページ | 晦渋という言葉を音楽化する »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「古き良きアメリカ」のリアリズム:

« 奇をてらわない | トップページ | 晦渋という言葉を音楽化する »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ