2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 古き良き時代 | トップページ | 開いてしまったパンドラの箱に「希望」はいたのか »

2010/05/27

ハイフェッツはいつもハイフェッツ

ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61@ヤッシャ・ハイフェッツ&アルトゥール・ロジンスキ/フィルハーモニック・シンフォニー・オーケストラ(ミュージック&アーツ:CD1102)

 1945年1月14日の録音。音は良好。
 指揮者がロジンスキだから,オケはニューヨーク・フィルだろうが(^^;),ハイフェッツのヴァイオリンは常にハイフェッツのヴァイオリンだなあ,と。高校時代の知人にハイフェッツの大ファンがいて,如何にハイフェッツが素晴らしいヴァイオリニストであるかを多少なりとも叩き込まれた(^^;)身であるが,それにしても「鋼鉄のヴァイオリン」だと思う。速いテンポで颯爽と進むベートヴェンである。
 昔の慣習で第1楽章が終わると拍手が入るが,第1楽章コーダの追い込みはなかなかに凄まじい。

« 古き良き時代 | トップページ | 開いてしまったパンドラの箱に「希望」はいたのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイフェッツはいつもハイフェッツ:

« 古き良き時代 | トップページ | 開いてしまったパンドラの箱に「希望」はいたのか »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ