2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 一見穏健,実はとんがってるのだよ | トップページ | 戦いは続く・・・・・・ »

2010/05/23

焦燥感

ショパン/ポロネーズ嬰ヘ短調作品44(第5番)@アルトゥール・ルービンシュタイン(BMG:BVCC-37234)

 1964年3月の録音。
 ショパンのポロネーズなら「軍隊」「英雄」「幻想」と通り名のある作品があるのは承知の上で,やり場の無いほの暗い情熱を手当たりしだいにぶつけるような,この作品を第一に推す。そして,その演奏にルービンシュタインのこの録音を推すのは,恐らく30年ほど前からずっとこの録音に親しんできたからだろう。あるとき,NHK-FMで放送されたショパンの特集で,パデレフスキの壮大な「軍隊」ポロネーズ,コルトーの「バラード」4番,ブライロフスキーのワルツ作品9の1(9の2ではなく)などとともに,ルービンシュタインのこの録音が取り上げられていたのだが,福徳円満な芸風で鳴らしたと聞く晩年のルービンシュタインのはずが,ここでは何とも形容し難い焦燥感と暗い情熱を見事に表現していて余す所がない。

 ・・・・・・そう言えば,このCDにはもちろん「英雄」ポロネーズ変イ長調作品53も収録されている。この「英雄」についてウチのカミさんが以前「これはね,ルービンシュタインの焦りと言うか,どうにもならない焦燥感のようなものが出ている演奏だよ」と力説していたのだった・・・・・・。

« 一見穏健,実はとんがってるのだよ | トップページ | 戦いは続く・・・・・・ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焦燥感:

« 一見穏健,実はとんがってるのだよ | トップページ | 戦いは続く・・・・・・ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ