2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 堂々たるシューベルト? | トップページ | 気がつけば20年 »

2010/05/19

昔,酷評で鳴らす評論家がいた

シューベルト/交響曲ハ長調D944(第9番)@カール・シューリヒト/南ドイツ放送交響楽団(スクリベンドゥム:SC011)

 1960年9月の録音。
 故・大木正興が「レコード芸術」誌上でさんざん嫌い,こき下ろしていた,シューリヒト(1880-1968)晩年のコンサートホール・レーベルへの録音のひとつ。大木正興の名前は日本でもすっかり忘れ去られたのに,シューリヒトの録音はこうしてCDに復刻されている(^^;)。僕もこの録音はLP(OW7883PK)から持っている馴染の録音で,リズムの効いた枯淡ときどき豪快というシューリヒトの芸風が,オケの中で音拾ったのかいと言いたくなるようなモゴモゴした録音(LPはもう少し細い音だったような記憶も)と,お世辞にも一級とは言えないオケの技量に加減乗除されながらも,何とかこの録音を聴けるものにしている。
 ま,確かに誰もが聴いて感銘を受ける類の演奏ではなく,聴く人を選ぶとは思うが,それでもいにしえの評論家氏の酷評はいったい何だったのかという(^^;)。

« 堂々たるシューベルト? | トップページ | 気がつけば20年 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔,酷評で鳴らす評論家がいた:

« 堂々たるシューベルト? | トップページ | 気がつけば20年 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ