2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« また更新に穴が>< | トップページ | 昔,酷評で鳴らす評論家がいた »

2010/05/18

堂々たるシューベルト?

シューベルト/交響曲変ロ長調D125(第2番)@フランス・ブリュッヘン/18世紀オーケストラ(フィリップス:PHCP-067/11070)

 1995年5月の録音。
 ブリュッヘンのシューベルトは初期交響曲からD944にいたるまでどれもこれも,案外に堂々としていて「古楽」や「シューベルト」という言葉からイメージすると,ちょっと面食らう(^^;)。ハイドンのロンドン交響曲集やモーツァルトの晩年の交響曲群のようなイメージで,シューベルトの初期交響曲も捉えられているらしいのだが,さてシューベルトの初期作品がハイドンの影響下にあるのは間違いないところであるものの,ベートーヴェンのように堂々たる威容でもって演奏されなきゃならないのかしらん,という疑問がないこともない。それがD944には相応しい解釈ではあるかもしれないが(実際にD944はそのように演奏されている)。

 ところでブリュッヘンは,以前あるインタビューで,18世紀オケで演奏できるシューベルトはD589までで,D759とD944は無理,とおっしゃっていたのですよね(^^;)。

« また更新に穴が>< | トップページ | 昔,酷評で鳴らす評論家がいた »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堂々たるシューベルト?:

« また更新に穴が>< | トップページ | 昔,酷評で鳴らす評論家がいた »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ