2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ハイフェッツはいつもハイフェッツ | トップページ | 終りではなく,本当は始まりだったのだ »

2010/05/28

開いてしまったパンドラの箱に「希望」はいたのか

ショスタコーヴィチ/絃楽四重奏曲第15番変ホ短調作品144@エマーソン四重奏団(DG:POCG-10280/10284)

 1994年7月・8月の録音。
 ロシアの四重奏団の演奏に比べて,いわゆる「西側」の四重奏団による演奏は線が細いように感じられることが多い。エマーソン四重奏団の録音もセンシティヴなところはよく表現されているが,表現の振幅が若干狭いように聴こえる。曲によってはもう少し掘り下げられる余地があるよな,と思うが,その中でこの15番は,さすがに最後の絃楽四重奏ということで,全6楽章すべてが悲痛な叫びを上げているようなアダージョと言う異形の音楽を,時には弓が絃を噛むほどの力演で表現している。

« ハイフェッツはいつもハイフェッツ | トップページ | 終りではなく,本当は始まりだったのだ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開いてしまったパンドラの箱に「希望」はいたのか:

« ハイフェッツはいつもハイフェッツ | トップページ | 終りではなく,本当は始まりだったのだ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ