2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 細かいことを言ったらキリがない | トップページ | ゆったり,のんびり »

2010/04/21

お久しぶり!

シューベルト/交響曲ハ長調D944@ウィリアム・スタインバーグ/ボストン交響楽団(BMG/タワーレコード:TWCL1002)

 1969年の録音。
 スタインバーグ(1899-1976)はナチのユダヤ人迫害を逃れてUSAに亡命し,成功した指揮者に共通する,ネアカで明晰な音楽解釈と新古典主義的なテンポ感の持ち主だった。DGに録音したリヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」に聴かれる,ほとんどタメを作らずにテンポよく進んでいく音楽が身上だったように思われる。
 このD944でも,テンポや表情付けでシナを作ること無く,他の指揮者がロマンティックにテンポを動かすようなところでも,ほとんどテンポを動かさずに押し通す。オーケストレーションに手を入れて金管を増強していることもあり,明るく果断なシューベルトができあがっている。ベートーヴェン寄り,とも言えそうな解釈である。

« 細かいことを言ったらキリがない | トップページ | ゆったり,のんびり »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お久しぶり!:

« 細かいことを言ったらキリがない | トップページ | ゆったり,のんびり »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ