2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 木枯らしの吹くマーラー | トップページ | 優等生 »

2010/03/29

ローカルな味わい

マーラー/交響曲第7番ホ短調@ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団(DG:463 746-2)

 1971年11月27日-29日の録音。
 これもほぼ30年のお付き合いになる録音。高校生の頃,国内発売の廉価盤で田舎でも入手出来た,ほとんど唯一の7番だったのがクーベリックのグラモフォン・レゾナンス盤だったというわけ。クーベリックのマーラーについては,耳の悪い評論家が「ひたすら何も聴こえない」などと揶揄していたが,そんなことを言う輩は何を聴きたいんだか,と思う。劇的な演出があるわけでもなく,取り立てて美しくもないし,メカニックも際立つものはないが,練達のアンサンブルと飾り気の無い音楽作りによる「健康的なマーラー」(この形容はマゼールに対する嫌味)が醸し出す,安定感とローカルな味わいというのは捨てがたいんだ。

« 木枯らしの吹くマーラー | トップページ | 優等生 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローカルな味わい:

« 木枯らしの吹くマーラー | トップページ | 優等生 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ