2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の記事

2010/03/31

細かいことを言ったらキリがない

マーラー/交響曲第2番ハ短調@レオポルド・ストコフスキー/ロンドン交響楽団(BMG:BVCC-38010/38011)

 1974年7月22,25,27日と8月10,11,14日の録音。
 ストコフスキー(1882-1977)92歳の時の録音。さすがに壮年期の引き締まったドライヴ感は失われ,オケのアンサンブルもゆるゆるになっているが,それでも80分を超える交響曲をスケール大きく,表情豊かに破綻なく聴かせる腕前は大したもの。テンポ感がぐずぐずになっていないのはさすがとしか言い様がない。まさに「人生の夕映え」と形容するに相応しい演奏である。

2010/03/30

優等生

マーラー/交響曲第6番イ短調@マリス・ヤンソンス/ロンドン交響楽団(LSO Live:LSO0038)

 2002年11月,ロンドンはバービカン・ホールでのライヴ録音。
 すべてにおいて優等生のマーラー,という感じ(^^;)。オケの個人技も,アンサンブルの精度も,指揮者の音楽性も解釈も非常に高度なレベルにあるのだが,もうひとつ聴く側の肺腑に迫ってこないと言うか。通り一遍の演奏ではないとは思うのだが,相性の問題なのかもしれません。

2010/03/29

ローカルな味わい

マーラー/交響曲第7番ホ短調@ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団(DG:463 746-2)

 1971年11月27日-29日の録音。
 これもほぼ30年のお付き合いになる録音。高校生の頃,国内発売の廉価盤で田舎でも入手出来た,ほとんど唯一の7番だったのがクーベリックのグラモフォン・レゾナンス盤だったというわけ。クーベリックのマーラーについては,耳の悪い評論家が「ひたすら何も聴こえない」などと揶揄していたが,そんなことを言う輩は何を聴きたいんだか,と思う。劇的な演出があるわけでもなく,取り立てて美しくもないし,メカニックも際立つものはないが,練達のアンサンブルと飾り気の無い音楽作りによる「健康的なマーラー」(この形容はマゼールに対する嫌味)が醸し出す,安定感とローカルな味わいというのは捨てがたいんだ。

2010/03/28

木枯らしの吹くマーラー

マーラー/交響曲第4番ト長調@ベンジャミン・ブリテン/ロンドン交響楽団(BBC:BBCB 8004-2)

 1961年7月6日,サフォーク州のオーフォード教会でのライヴ録音。この教会はブリテンが「カーリュー・リヴァー」「燃える炉」「放蕩息子」などの初演に使用したという,所縁の場所である由(参考:St Bartholomew, Orford)。モノラルだが音は明晰でよく聴き取れる。
 4番であるにもかかわらず,マーラーの「陰翳」にスポットを当てたかのような,暗い雰囲気が終始漂う異色の演奏。木枯らしが吹き荒れている。厭世的と言っていいかもしれない。「天上の生活」が俗世の生活に聴こえてくる,というか(^^;)。

2010/03/27

陰翳に乏しいのか

マーラー/交響曲第3番ニ短調@モーリス・アブラヴァネル/ユタ交響楽団(ヴァンガード:ATM-CD-1211)

 1969年5月3日-10日の録音。
 早くからマーラーに取り組んで全集もモノしていたのに,レコード会社の都合なのかなんだか知らないが,日本に紹介されるのが随分遅れた上に,日本ではさっぱり人気の無いアブラヴァネル(1903-1993)のマーラー。実はブルーノ・ワルターの薫陶を受けている指揮者なのだが,どうもマーラーの音楽で強調されがちな「屈託」「アクの強さ」というものが,アブラヴァネルの演奏からはあまり感じられないのが,アブラヴァネルがもうひとつウケない理由か。
 この3番は恐らくアブラヴァネルのマーラー録音における最良の演奏のひとつで,あまり音楽を追い込まない,伸びやかで明晰さを備えた,堅実な職人気質が感じられる,なかなかいい演奏。確かに,マーラーよりもブラームスを聴くべき指揮者ではある。

2010/03/25

稀代の大曲振り

マーラー/交響曲第9番ニ長調@クラウス・テンシュテット/ロンドン・フィル(EMI:7 64481 2)

 1979年5月の録音。
 「稀代の大曲振り」(by三浦淳史)テンシュテットは,規模の大きな作品であればあるほど,その卓越した能力(特に音楽的な空間の把握と再構成に長けていたと思う)を発揮したようで,このマーラーの9番もその例に漏れない。若干能力的に難のあるオケを存分にドライヴし,圧倒的な構成力を聴かせる第1楽章から,スタジオ録音であるにもかかわらずスリリング(^^;)な展開を聴かせる第3楽章,悲痛な歌を響かせる終楽章まで,息をつがせぬ高い緊張感を保った演奏に仕上ている。

2010/03/24

普通の演奏

シューベルト/交響曲ハ長調D944(第9番)@ジュゼッペ・シノーポリ/シュターツカペレ・ドレスデン(DG:437 689-2)

 1992年5月と6月の録音。
 シノーポリにしてはごくごく普通の演奏。一般的にはあまり聴かせない声部を浮き上がらせたり,リズムとアクセントの取り方に独特の臭みを出しているところがあったりするものの,音楽の向きに合ってないような感じがする。同じ行き方ならレーグナー(デンオン)の方がエグイ分,存在感があるわけで(^^;),シノーポリの音楽性は「未完成」には向いていても,「グレート」は合わなかったんだろうなと思うところ。

 今回から,しばらくの間タイトルを作品名ではない言葉にしてみます。

2010/03/23

ブラームス/交響曲第2番

ブラームス/交響曲第2番ニ長調作品73@ヴィレム・メンゲルベルク/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(ナクソス:8.110158)

 1940年4月4日の録音。テレフンケン原盤。
 テンポは意外にもモダーンで,あまりシナやタメを作らずに颯爽と進む演奏。時々聴こえる絃のポルタメントが実に艶っぽい(^^;)。終楽章,コーダの急加速が如何にもメンゲルベルクらしいような。

 ・・・・・・久しぶりの更新になります。ちと私事で忙しくしていたので,なかなかblogまでは手が回りませんで,いろいろと書きたいことはあるのに(「図書館の自由」とか「非実在青少年」とか何とかかんとか),まったく何も手についておりませぬ。この調子で4月半ばくらいまでは身動きがとれないので,こちらの更新も滞りますが,いましばらくお待ちくださいませ。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ