2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« まちづくりと「図書館」の機能 | トップページ | 「図書館」はもっと猥雑なものであっていいんじゃないか »

2010/01/20

ショスタコーヴィチ/交響詩「10月」

ショスタコーヴィチ/交響詩「10月」作品131@広上淳一/ノールショッピング交響楽団(RCA/タワーレコード:TWCL2013)

 1993年9月の録音.
 この作品はショスタコーヴィチの,練達の職人芸を聴く曲.ショスタコーヴィチの交響曲を聴き込んだ聴き手なら,何処かで聴いたことのあるような素材ばかりが投入されているのに,気がつくとその高揚感にあれよあれよと巻き込まれて,心が熱くなってしまうという(^^;).途中で聴こえる小太鼓やティンパニの炸裂が,否が応にも音楽を盛り上げる.見事なものである.

« まちづくりと「図書館」の機能 | トップページ | 「図書館」はもっと猥雑なものであっていいんじゃないか »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ/交響詩「10月」:

« まちづくりと「図書館」の機能 | トップページ | 「図書館」はもっと猥雑なものであっていいんじゃないか »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ