2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2009年12月27日 - 2010年1月2日の記事

2009/12/28

ショスタコーヴィチ/ジャズ組曲第2番

ショスタコーヴィチ/ジャズ組曲第2番(プロムナード・オーケストラのための)@リッカルド・シャイー/アムステルダム・コンセルトヘボウ管絃楽団(ロンドン:POCL-5255)

 1990年2月12日の録音.
 曲名に「ジャズ」と銘打たれて入るが,1938年の作曲にしてはグレン・ミラーはおろかダリウス・ミヨーの「世界の創造」(1923年作曲)ほどのジャズの香りもないという(^^;).むしろショスタコーヴィチが初期に書いたバレエ音楽や劇伴に同じく洒落た雰囲気が濃厚な音楽に仕上がっている.モダニズムと皮肉っぽい部分が抑えられている分,ウィンナ・ワルツやカバレフスキーの「道化師」に限りなく近い響きではあるが.
 こーゆう作品を振らせたときのシャイーは,なかなか上手い.聴かせ上手,と言うべきか(^^;).

2009/12/27

マーラー/交響曲第10番

マーラー/交響曲第10番嬰ヘ長調@ジェームス・レヴァイン/フィラデルフィア管絃楽団(BMG:BVCC-38139/38140)

 1978年4月3日(第1楽章)と1980年1月9日,12日(その他の楽章)の録音.
 第1楽章はアナログ録音,他の楽章はデジタル録音だが,それほど差があるようには聴こえない.第1楽章は当初単独で録音され,第5番のLPの第4面として発売されていたと記憶するが,そのとき既に国際マーラー協会版ではなくクック版で録音していたのが面白い.

 何故か年末になるとこの曲が聴きたくなるので,取り敢えず年賀状作成の合間をぬってCDをかける.クック版の全曲も気がつけば何枚も録音が出ていて,何ともありがたいことである.レヴァインの録音は,クック版が世に出たばかりの頃のものであるが,既に安定した音楽としてレヴァインが取り組んでいるのがさすがであろうか.もっとも今なら,もっといい演奏を聴かせてくれそうな気もするのだが,どうなんだろう?

「図書館原理主義」について苦情が行ったと言うので

久々に論争の悪寒、じゃなかた予感(*´д`)ノ「図書館原理主義」という言葉について - 書物蔵
http://d.hatena.ne.jp/shomotsubugyo/20091225/p1

はいはい,「図書館原理主義」造語の言い出しっぺを自称するワタシが来ましたよ.10年以上前に,某所で「図書館原理主義」について「まるしー」をいただいたことがある(^^;)ので,恐らく間違いはないと思います.

大方,造語主が僕である言葉を浴びせられたのが嫌なんでしょうが,何で造語者当人のところに来ないで,よそのひとに迷惑をかけるんだか.文句があるなら僕のところへおいでませ,このエントリーのコメント欄へどうぞ,と苦情を寄せたひとに言ってみますが,どうせ来ないでしょう.

しかし,「他人を嘲笑するため」って,ご自身はよほどの聖人君子なんですか? この暮れの押し迫ったときに「言葉狩り」ができるほどの.

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ