2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

2009年1月25日 - 2009年1月31日の記事

2009/01/29

J.S.バッハ/マタイ受難曲

J.S.バッハ/マタイ受難曲BWV244@フィリップ・ヘレヴェッヘ/ラ・シャペル・ロワイヤル(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMX 2901155.57)

 1984年9月の録音.ヘレヴェッヘの旧録音になる.
 人間,そのひとが耐えられる程度の試練しか訪れないのだよ,とはよく聞くが,しかしそれでも時々は心が折れそうになるもので,それが現在は疎遠になっていたとしても昔は二人でウィスキーを一瓶空けるような付き合いをしていた知人の訃報ともなれば,もう何とも言いようのない喪失感と寂寥感を感じないわけにはいかない.まさか,僕よりも余程「健康」だと思っていた奴が先に逝くなんて,思いもよらなかったことですよ.今日は一日,やっとの思いで仕事をして帰宅して,もうどっぷり「マタイ」に頭を浸しているところ.他のどの曲を聴いても,今日は「音楽」にならない.

 少し,生きる荷が重くなったような気がする.

2009/01/28

マーラー/大地の歌

マーラー/交響曲「大地の歌」@パウル・クレツキ/フィルハーモニア管絃楽団(EMI:4 76912 2)

 1959年10月の録音.
 通常のアルト・ソロの替わりにバリトンを立てた録音で,歌うはディートリヒ・フィッシャー・ディースカウという,珍しいもの.知ってる限りでは,他はバーンスタイン(こちらもフィッシャー・ディースカウ)とラトルくらいかな,バリトンを立てた録音は?
 クレツキ(1900-1973)はポーランド出身で,早い時期からマーラーを好んで取り上げた指揮者のひとり.同世代のジョージ・セルなどとは異なり,かなり暗い情念を抱え込みながら,それを丹念な表現で覆い隠しているような指揮振りで,モダーンな外面のところどころにその裂け目が感じられるのが面白い.

2009/01/27

エルガー/交響曲第2番

エルガー/交響曲第2番変ホ長調作品63@ジュゼッペ・シノーポリ/フィルハーモニア管絃楽団(DG:423 085-2)

 1987年3月の録音.
 僕の聴く限り,シノーポリ(1946-2001)の美点がもっともよく表出されている演奏のひとつ.取り上げる作品によって出来不出来の激しい指揮者だったが,ここではシノーポリの戦法が功を奏している.ともすると構えばかりが大仰で,何が言いたいのかよくわからなくなってしまうエルガーの音楽が,こってりとメリハリの効いた表現に彩られ,世紀末の崩落寸前な駘蕩たる雰囲気を醸し出すことに成功している.
 エルガーの音楽はもう少し清潔な解釈の方がいい,と言われそうだけど.

2009/01/26

ヤナーチェク/シンフォニエッタ

ヤナーチェク/シンフォニエッタ@ロヴロ・フォン・マタチッチ/ザグレブ・フィル(ザグレブ・フィル:CD 37596)

 1979年12月19日のライヴ.
 正直,オケは非力でアンサンブルも少々怪しいのだが,とにかくマタチッチのおおらかな雰囲気で聴かせてしまう超弩級の演奏(^^;).まるでブルックナーの如く壮大なクライマックスの「シンフォニエッタ」に仕上がっているのが凄い.ヤナーチェクの初心者には勧められないし,セカンド・チョイスでもこの録音よりいい演奏はあるだろうが,酸いも甘いもひと通り噛み分けた聴き手が,何気なく選び出し,聴いて驚く,というシチュエーションには向いているだろう.

2009/01/25

隙を作っているのは誰?

 東京新聞:容疑者と被害者情報漏らす 報道機関に東金市立図書館:社会(TOKYO Web)
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009012401000452.html


 調査に対し東金図書館は、一部の取材者が執拗に情報開示を要求したとしており、図書館関係者は、報道側にも利用情報の扱いに対する理解が必要だとしている。
 協会の調査によると、逮捕前に容疑者が「事件当日は図書館にいた」と話していたことから、逮捕後、複数の報道機関が図書館に取材した。
 図書館は館長の不在を理由に断ったが、図書館を所管する市生涯学習課が、1社から取材を受け、容疑者と被害女児が利用登録した日と最終貸出日を教えた。その後、図書館もほかの報道機関に同じ対応をとった。

 最近は公共図書館が何か問題を起こすと,「指定管理者が」「委託業者が」という声の大合唱になりがちですが(何しろ公共図書館をめぐるトンチンカンな話は,昨今みんな指定管理者のせいにしたがっているオバカも業界には存在すると,小耳に挟んだこともある),ところがどっこい,直営だってこのザマですがね.指定管理者や委託業者がダメになるのも,指導監督する立場の公務員がこの有様ですから当然ではないかと.直営(公務員)に基盤を置くあのひとやあの団体が如何に糊塗しようとも,地金が明らかになってしまった,と言えます.上記の記事を読む限りでは,業界側は報道機関に責任を転嫁しようとしているようですが,その元はと言えば,結局は業界の周知努力があらゆる面において不足していたということに立ち返らざるを得ないでしょう.

 要するに,この件は公共図書館の運営が指定管理者であろうとなかろうと,お役所の漏れるところからは情報が漏れるんだということを,満天下に改めて知らしめてしまったわけで,「守秘義務」とやらを盾に公共図書館への指定管理者導入に反対し,プロパガンダを展開している連中には痛かったんじゃないですか? しかも,本庁が先立って情報を流している(「一部の取材者が執拗に情報開示を要求したとして」いるのは図書館サイドから出ている話ですから,信用できません.一方から出ている話のみでこれを断じるわけにはいきませんよ.曲がりなりにも,当方も「図書館」業界の一員ですから)わけで,まさに「背後からの一突き」.戦略も戦術もあったものではありませんね.

 付け入る隙を作っているのは誰ですか?

Billy Joel Greatest Hits

Billy Joel Greatest Hits(ソニー:MHCP 546/547)

 1985年にLP2枚組みで出たビリー・ジョエル(1949-)のベスト盤のリマスターCD.
 それにしても,中学時代にはクイーンのファンがいて,高校時代はビートルズとサイモン&ガーファンクルのファンがいて,大学ではビリー・ジョエルのファンがいて,それで少しは洋楽を聴いたフリをしていたのだったっけ(^^;).このLPは,賢弟が持っていたのを聴いたのだよな.ビリー・ジョエルはS&Gやカーペンターズと同じように,何かこう,しみじみしてしまう曲が多くて,聴いているとあんなことやそんなことを思い出して,一人で勝手に赤面してしまったり.

 え,何で今更って? 理由は秘密.

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ