2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »

2009年4月19日 - 2009年4月25日の記事

2009/04/25

スクリャービン/法悦の詩

スクリャービン/「法悦の詩」作品54(交響曲第4番)@ピエール・ブーレーズ/シカゴ交響楽団(DG:POCG-10164)

 1995年11月の録音.
 ブーレーズが絢爛豪華なオーケストレーションをこれでもかと前面に押し立てて,雄弁にオーケストラをドライブする.スクリャービンが信奉していた神秘主義とか神智学とか,音楽の外の要素にこだわりすぎるとわけがわからなくなるので,これはこれでひとつの解釈であろう.実際,この演奏は面白いし(^^;).何処に連れて行かれるのか何とも捉えどころの無い音楽を,音響の魅力で聴かせてしまう.

2009/04/22

シューベルト/交響曲D944

シューベルト/交響曲ハ長調D944(第9番)@ミヒャエル・ギーレン/南西ドイツ放送交響楽団(ヘンスラー:CD93.057)

 1996年4月27日,ロンドンはロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ.
 ライヴとはいえ,ギーレン(1927-)の棒は相変わらずクールで明晰.全力投球だがホットなところが微塵も無いあたりが現代音楽のスペシャリストたるギーレンの真面目(しんめんぼく)か.おかげでシューベルトの夢見ごこちな雰囲気はどこかに飛んで消えてしまい,まるで大バッハか何かのような手触りに聴こえるのが不思議.

2009/04/21

ベートーヴェン/交響曲第3番

ベートーヴェン/交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」@ニコラウス・アーノンクール/ヨーロッパ室内管絃楽団(テルデック:2292-46452-2)

 1990年7月3日の録音.
 涼やかで戦闘的な「エロイカ」である.アーノンクールらしい,バロックでごつごつした響きを残しながらも,流れるような軽やかで伸びやかな音楽が展開する.

2009/04/20

アイヴズ/交響曲第4番

アイヴズ/交響曲第4番@小澤征爾/ボストン交響楽団(DG:UCCG-9253)

 1976年の録音.
 アイヴズ(1874-1954)を聴くのは久し振りか.この何とも形容し難い不思議な音楽が好きで,一時期はよく聴いたもの.この作品の第2楽章など,左右の路地から違う音楽を奏でる楽隊が出て来たのに出くわしたマーラー言うところの「これがポリフォニーだ」というところで,何だかんだ言っても,実験的な音楽を生み出すアイデアには何度聴いても脱帽するしかない.オモチャ箱をひっくり返したようなカオスを,ニコリともせず書いていたんだろうな,このひとは.

2009/04/19

会津五桜縦断ツアー:その他の桜など

 「会津五桜」以外にも,いろいろ行って来ましたですよ(^o^)/

Photo_25

立木観音(福島県会津坂下町,会津ころり3観音のひとつ)


Photo_29

上宇内薬師堂(調合寺,会津坂下町)に鎮座する木造薬師如来像(会津五薬師のひとつ,国指定重要文化財)


Photo_32

会津美里町の八幡神社の桜.お見事.


Photo_37

米沢の千歳桜(会津美里町)


Photo_26

法用寺三重塔(会津美里町)


Photo_27

伊佐須美神社仮本殿(会津美里町).旧本殿は2008年10月焼失.


Photo_28

伊佐須美神社復興予定図.まるで出雲大社の復元想像図のような本殿(^^;).


Photo_30

昼食に食べた「白孔雀食堂」(会津若松市)の「ソースカツ丼」1150円也.若松に行く機会があれば一度は食するべし(^^;).


Photo_31

滝沢本陣(会津若松市).戊辰戦争の古戦場.弾痕や刀傷が残る.


Photo_33

Photo_34

Photo_35

復元された慧日寺中門と金堂(福島県磐梯町).慧日寺は徳一によって開かれた,古代-中世の会津仏教を代表する寺院.明治の廃仏毀釈後衰微していたが,発掘調査の成果に基づき2008年と2009年に相次いで復元.


Photo_38

Photo_39

磐梯神社の木ざし桜.磐梯神社は旧慧日寺の故地に創建された神社.慧日寺の発掘・復元に際し移転し,桜は復元された慧日寺の境内に残された.


Photo_36

磐椅(いわはし)神社(猪苗代町).天平元年創建と伝えられる.延喜式式内社.保科正之を祭る土津神社は磐椅神社の末社として創建されたもの.


これだけ廻って,走行距離200キロ(^^;).

会津五桜縦断ツアー

 昨日(4月18日),クルマを駆って「会津五桜」縦断ツアーを敢行しました.結果がこちら↓

Photo_17

杉の糸桜(福島県会津坂下町の薬王寺,ほぼ終わり)


Photo_18

Photo_19

虎の尾桜(福島県会津美里町[旧・会津高田町]の法用寺,まだ3輪)


Photo_20

Photo_21

薄墨桜(福島県会津美里町[旧・会津高田町]の伊佐須美神社,ぼちぼち)


Photo_22

Photo_23

石部桜(福島県会津若松市,満開!)


Photo_24

大鹿桜(福島県猪苗代町の磐椅[いわはし]神社,全然ダメ)


まだ開花してない桜が多いのでした.要するに,由緒正しい桜というのは,えてしてソメイヨシノじゃない(^^;),ということですね.残念.

« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ