2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ベートーヴェン/交響曲第9番 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

2009/11/17

ベートーヴェン/交響曲第9番

ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125@レオポルド・ストコフスキー/フィラデルフィア管絃楽団(TIM:203291-303)

 1934年4月30日の録音.恐らくRCA原盤なのであろう.
 バリトン独唱はオイゲン・レーヴェンタール.声楽はロンドンで録音されたヴァインガルトナーの古い方の録音同様,英語で歌われている.
 ストコフスキーは,はるか後年デッカのフェイズ4に録音した極彩色の第9が知られているところ.それを知ってる耳でこちらを聴くと,とても同じ指揮者とは思えない(^^;).オーケストレーションに手を入れてはいるが,デッカ盤ほどではなく,絃を重ねる補強が目立つ程度で,少々せっかちだが,実に引き締まった,光彩陸離たる演奏である.後年の第9やチャイコフスキーの交響曲第5番などの印象が強烈なので,何やらトンデモ系指揮者のように思われているのかもしれないが,どっこいストコフスキーの壮年期は,誰よりも劇的で振幅の激しい解釈を身上とする指揮者だったのではあるまいか.

 なお,この演奏,聴き進めると,終楽章の最後で驚くかもしれません(^^;).メンゲルベルクもびっくり(^^;).

« ベートーヴェン/交響曲第9番 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/交響曲第9番:

« ベートーヴェン/交響曲第9番 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ