2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 「選書論」の消滅 | トップページ | ニールセン/交響曲第1番 »

2009/10/12

ショパン/ピアノ協奏曲第1番

ショパン/ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11@ラン・ラン&ズビン・メータ/ヴィーン・フィル(DG:477 7449)

 2008年6月21日のライヴ録音.
 ラン・ラン(1982-)は中国生まれのピアニストで,ゲイリー・グラフマンやダニエル・バレンボイムに師事した由.2008年の北京オリンピックの開会式でピアノを弾いていたのがラン・ランである,と紹介した方が通りがいいかもしれない.正確無比のテクニックと繊細な表現力を持つ,と評される.
 この第1番は,第1楽章が素晴らしい.既に大家となったメータ(1935-)と互角に渡り合い,情熱的なパッセージでは圧倒しかねない勢いである.静謐な箇所では,停まりそうなテンポでじっくりと美しく弾きこんでいる.が,それが終楽章まで保たない(^^;).どういうわけだか,終楽章は指揮者もピアノもごく平凡な演奏に終始する.惜しいことである.

« 「選書論」の消滅 | トップページ | ニールセン/交響曲第1番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパン/ピアノ協奏曲第1番:

« 「選書論」の消滅 | トップページ | ニールセン/交響曲第1番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ