2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ブルックナー/交響曲第7番 | トップページ | ベートーヴェン/田園 »

2009/09/19

ベートーヴェン/交響曲第7番

ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調作品92@カール・ベーム/ヴィーン・フィル(アルトゥス:ALT065)

 1980年10月6日,昭和女子大学人見記念講堂の杮落としでのライヴ録音.
 日本でのカール・ベーム(1894-1981)の,最後の交響曲演奏の記録である.僕は1980年当時,テレビでこの演奏を見た記憶があって,ベームの今にも崩れ落ちそうな指揮姿を目の当たりにして「ベームもいよいよ衰えたか(sigh)」とがっかりしたのを覚えている,実際,ベームは既に86歳だったのだし,翌1981年の8月に亡くなったのだった.

 しかし,今こうして音だけ聴いていると,意外にも(失礼)音楽の骨組みはしっかりしているのである.よぼよぼの指揮姿が目に焼きついているためか,このときの演奏までもオケが(コンサートマスターはゲルハルト・ヘッツェルだったのではなかったか)自発的に音楽を支えて乗り切ったかのような記憶が残っていたのだが,それはとんでもない話であった.テンポは確かに遅くなっていてリズムやアンサンブルの縦の線はあちこち緩み,終楽章には明らかに疲れが感じられるけど,それでも「最後の録音」になったベートーヴェンの第9ほども弛緩していない.ギュンター・ヴァントのように最後までテンポがほとんど弛緩しなかった高齢の指揮者の方が珍しいのであって,この第7番は本当に立派な演奏である.この演奏を当日,人見記念講堂で聴くことの出来た方がうらやましい(sigh).

« ブルックナー/交響曲第7番 | トップページ | ベートーヴェン/田園 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/交響曲第7番:

« ブルックナー/交響曲第7番 | トップページ | ベートーヴェン/田園 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ