2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ベートーヴェン/英雄 | トップページ | ブルックナー/交響曲第7番 »

2009/09/16

ブラームス/交響曲第2番

ブラームス/交響曲第2番ニ長調作品73@セルジュ・チェリビダッケ/シュトゥットガルト放送交響楽団(DG:POCG-10156)

 1975年4月11日のライヴ録音.
 チェリビダッケというひとは,時々3連符をやたらと強調することがあるのだけど(例えばブルックナーの「ロマンティック」終楽章のコーダ.3+3のアクセントをがちがちに強調してそれが果てしなく続く),この作品でも強奏部で時々それをやる(^^;).嫌でも耳がそばだてらる仕掛けだ.おまけにそんな強奏部以外はひたすら静かにこの曲を弾かせるのだ.神経が隅々まで行き渡らざるを得ない演出を施して,張り詰めた雰囲気を醸し出す.
 ちなみにチェリビダッケ独特の呻り声はもちろん健在(^^;).突然ギアチェンジして加速する終楽章のコーダでは追加されたオーケストレーションのようだ.

« ベートーヴェン/英雄 | トップページ | ブルックナー/交響曲第7番 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/交響曲第2番:

« ベートーヴェン/英雄 | トップページ | ブルックナー/交響曲第7番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ