2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« リヒャルト・シュトラウス/アルプス交響曲 | トップページ | ヴィヴァルディ/フルート協奏曲作品10の4 »

2009/09/04

ラヴェル/クープランの墓

ラヴェル/クープランの墓@アン・ケフェレック(ヴァージン:5 61489 2)

 1990年10月の録音.
 まあしかし,ラヴェルという作曲家は,つくづく通人だと.「粋」のひとだと.特にピアノ曲では,何というか,非常に人工的な,技巧的な細工物のような響きを,自然な響きに聴かせてしまうのだよねえ.何しろ,ピアノ曲をオーケストレーションしたら,それが最初からオケ曲として作曲されたかのように聴こえてしまうのは,ラヴェルの自作編曲くらい.それほど,元のピアノ曲は人工的に細工を施しているに違いないのに,これがまた随分と自然に美しい響きが奏でられていくのだから,これはもうたまったものではないわけで(^^;).
 ちなみに,ラヴェルは音楽で「何か」を表現している作曲家じゃないですよ.音楽で「音楽」を表現しているんです.

« リヒャルト・シュトラウス/アルプス交響曲 | トップページ | ヴィヴァルディ/フルート協奏曲作品10の4 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラヴェル/クープランの墓:

« リヒャルト・シュトラウス/アルプス交響曲 | トップページ | ヴィヴァルディ/フルート協奏曲作品10の4 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ