2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ラヴェル/クープランの墓 | トップページ | チャイコフスキー/悲愴 »

2009/09/05

ヴィヴァルディ/フルート協奏曲作品10の4

ヴィヴァルディ/フルート協奏曲ト長調作品10の4@セヴェリーノ・ガッツェローニ&ドナート・レンツェッティ/RTSI管絃楽団(エルミタージュ:ERM 130-2)

 1983年1月13日の録音.
 ガッツェローニ(1919-1992)はイタリアのフルート奏者.確か柴田南雄がその著書で音の大きさと華やかな演奏について触れていたことがあったかと記憶する.30年にわたってRAIのオケの主席フルート奏者を務め,またイタリアをはじめとする現代音楽の作曲家から数々の作品を献呈されている.教え子にはジャズ・プレイヤーのエリック・ドルフィーがいるとか.現代音楽の果敢な紹介者のひとりで,このCDにも収録されているエドガー・ヴァレーズの「密度21.5」や福島和夫の「エカーグラ」などを盛んに演奏している.一方でこのCDで過半を占める古典の作品もよく取り上げている.
 この演奏,どこからどこまでも明るい華やかな演奏.モダーン楽器のオケはまったく鈍重だが(ベートーヴェンでも演奏しているんじゃないかという,引きずるようなレガートだ(^^;)),ガッツェローニのフルートはどこまでも明るく華やかで,陰影なんざくそくらえという,ヴィヴァルディに相応しい(?)カラッとした演奏に仕上がっている.

 ・・・・・・それにしても,何でガッツェローニの輸入盤CDが近所のブックオフに250円で棚に並んでいたんだ? 恐らくは既に忘れられて久しい演奏家だと思うのに.CDコレクターとしては,ちといたたまれない気持ちにもなるのだが・・・・・・.

« ラヴェル/クープランの墓 | トップページ | チャイコフスキー/悲愴 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴァルディ/フルート協奏曲作品10の4:

« ラヴェル/クープランの墓 | トップページ | チャイコフスキー/悲愴 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ