2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« シューベルト/交響曲D944 | トップページ | 尾高尚忠/チェロ協奏曲 »

2009/08/20

ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲

ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61@ヤッシャ・ハイフェッツ&アルトゥール・ロジンスキ/フィルハーモニック・シンフォニー・オーケストラ(ミュージック&アーツ:CD-1101(2))

 1945年1月14日の録音.オケはNYPですかね?
 しかし,ハイフェッツ(1901-1987)も音楽の内面というものを峻拒し続けた演奏家で,そのあたりの方法論というか解釈の在り様というのはカラヤンやヴラディミール・ホロヴィッツと同様だったんじゃないかなあ,と,このあまりにも屹立したテクニックの凄絶さを聴く度に思う.ハイフェッツやホロヴィッツは,そのあまりなテクニックのおかげで他を寄せ付けぬ存在になりえたわけだけど,指揮者カラヤンの場合は如何にテクニックが隔絶していようとも,他者が天衣無縫にカラヤンと同じ音楽上の効果を達成してしまう(しかも得てして他者は音楽の内面の表現に優れている!)が故に,政治力まで動員して(若くして死んだカンテルリやフリッチャイの録音はカラヤンが死ぬまで限られたものだけが流通していたし,ヨッフムやマルケヴィチはDGを放逐されたし)自らの芸術を誇示し続けなければならなかったのであろうか.

 それはさておきハイフェッツのベートーヴェン.スタジオ録音ではトスカニーニと録音したものがあったけど,ほとんど変わらないように聴こえる.「完璧」という以外に形容する言葉が無いほど完璧なヴァイオリン.オケにトスカニーニの強すぎるアクは無いが,それはトスカニーニのアクが強すぎるのであって(^^;),いまの耳にはロジンスキだって充分,アクが強かろう.とにかく,剛直な棒である.

« シューベルト/交響曲D944 | トップページ | 尾高尚忠/チェロ協奏曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲:

« シューベルト/交響曲D944 | トップページ | 尾高尚忠/チェロ協奏曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ