2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯 | トップページ | ケルビーニ/ミサ曲「ディ・シメイ」 »

2009/08/11

オネゲル/交響曲第2番

オネゲル/交響曲第2番@エルネスト・アンセルメ/スイス・ロマンド管絃楽団(デッカ:UCCD-3015)

 1961年6月の録音.
 今日に至るまでミュンシュの録音を聴く機会に恵まれないので,やはりこのアンセルメの録音が僕にとっては規範になっているかと.高校生の頃から,25年くらいつきあっているし.それだけではなく,この録音ではオネゲルの音楽も,アンセルメの演奏も,何というか切迫感が他の指揮者の録音とは比較にならないほど,異様な雰囲気でこちらに迫ってくるのだよね.終楽章など,居住まいを正さずには,いられなくなる緊張感が漂っている.だから最後のトランペットの高らかな吹奏が,痛ましくも実感を伴って感じられるのだろう.
 希望は,今でもどこかにあるのだろうか?

« リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯 | トップページ | ケルビーニ/ミサ曲「ディ・シメイ」 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オネゲル/交響曲第2番:

« リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯 | トップページ | ケルビーニ/ミサ曲「ディ・シメイ」 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ