2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ドヴォルジャーク/アメリカ組曲 | トップページ | J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番(バリトン・サックスによる) »

2009/08/26

ブラームス/ヴァイオリン協奏曲

ブラームス/ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77@ヨゼフ・シゲティ&ヘルベルト・メンゲス@ロンドン交響楽団(フィリップス:PHCP-9600)

 1959年3月の録音.
 太宰治が「孤高狷介」と評したという大ヴァイオリニスト,シゲティ(1892-1973)の残した,鬼気迫るステレオ録音.ハイフェッツのように技巧を売りにしていたわけではないにせよ,既に技巧が衰えていたと思しきシゲティのヴァイオリンは痛々しいほど.普通のヴァイオリニストが弾いていたのであれば,斯様に音がかすれ,リズムも音程も怪しい演奏を商品にできるわけがない(^^;)と言わざるを得ない.この演奏を必要以上に崇め奉り,神格化することもないが,そこで奏でられている音楽をどう捉えるか,聴き手が試されるような録音ではある.
 指揮者のメンゲス(1902-1972)はいろいろな協奏曲の録音で伴奏を務めることの多かったひと.ここでもシゲティを支えて,少々没個性ではあるが,立派な音楽をつむぎ出している.

« ドヴォルジャーク/アメリカ組曲 | トップページ | J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番(バリトン・サックスによる) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/ヴァイオリン協奏曲:

« ドヴォルジャーク/アメリカ組曲 | トップページ | J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番(バリトン・サックスによる) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ