2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 朝日新聞の「公共図書館」への理解度 | トップページ | さらに過去に遡って朝日新聞の記事を引く »

2009/06/12

ブラームス/セレナード第2番

ブラームス/セレナード第2番イ長調作品16@イシュトヴァン・ケルテス/ロンドン交響楽団(デッカ:UCCD-9251)

 1967年10月の録音.
 ブラームス20代の作品で,ヴァイオリンを含まない2管編成のオケによる5楽章の音楽である.同時期のセレナード第1番に比べ,いささか渋いところがあって後年の作風を予感させないでもないが,ちっともアレグロに聴こえない第1楽章など,伸びやかで甘い陽光がさんさんと降り注ぐような雰囲気を醸し出している.ケルテスの指揮も,そんな若書きの美点を余すことなく引き出している好演.

« 朝日新聞の「公共図書館」への理解度 | トップページ | さらに過去に遡って朝日新聞の記事を引く »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/セレナード第2番:

« 朝日新聞の「公共図書館」への理解度 | トップページ | さらに過去に遡って朝日新聞の記事を引く »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ