2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 桜 | トップページ | ヴァイル/小さな三文音楽 »

2009/04/13

ブルックナー/交響曲第4番

ブルックナー/交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」(1874年稿)@ケント・ナガノ/バイエルン国立管絃楽団(ソニー:88697368812)

 2007年9月17日の録音.
 ブルックナーと必ずしも相性がいいとは思えないケント・ナガノによる第4番だが,これは成功しているのでは,と思う.その理由のひとつは,バイエルン国立歌劇場のオケを起用していることで,何となくブルックナーらしい(?)音がしている.そしていまひとつの理由として,ナガノがここで1874年稿という,ところどころに裂け目のあるような,場面転換の連続でできあがっているテキストを採用していることがあげられるだろう.ナガノは分析的な解釈の棒を振ることで他の追随を許さない指揮者だが,ともすると音楽が流れずに渋滞を引き起こしたり,音楽がブロックとブロックの衝突じみた様相を呈するのだが,ここではテキスト自体が渋滞したり,休符や突然の強奏で楽想が転換したりする構造になっているものだから,ナガノの分析的な解釈がすんなりと受け入れられることになっている.
 それにしても,どこで締めくくりがついているんだかわからない,不思議な音楽をスマートにねじ伏せてしまうナガノの能力は,さすがと言うべきだろうな.

« 桜 | トップページ | ヴァイル/小さな三文音楽 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナー/交響曲第4番:

« 桜 | トップページ | ヴァイル/小さな三文音楽 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ