2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« Mendelssohn: The Complete Masterpieces: CD 7 | トップページ | レファレンス再考:その前提 »

2009/02/13

Mendelssohn: The Complete Masterpieces: CD 8

Mendelssohn: The Complete Masterpieces: CD 8(ソニー:88697420722-08)

 8枚目はヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64とニ短調(遺作).ホ短調がアイザック・スターンとユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管絃楽団による,1958年3月24日の録音.ニ短調が竹澤恭子とクラウス・ペーター・フロール/バンベルク交響楽団による1994年1月7日から9日の録音.

 ホ短調は,若き日のスターン(1920-2001)がさすがの野太い美音.このひとはこの録音のような若い覇気満々の頃か,最晩年の,脂肪の抜けきったような頃がいい(^^;).70年代の,メータあたりと組んだ演奏は鼻持ちならず,よろしくない.
 ニ短調は1822年,メンデルスゾーンが13歳の頃の作品で,長らく埋もれていたものを第二次世界大戦後にイェフディ・メニューインが発見した.ヴァイオリンと絃楽合奏のための協奏曲で,さすがにホ短調ほどの格調と充実は聴かれないが,それなりに立派な音楽であり,もう少し知名度があってもよさそう.

« Mendelssohn: The Complete Masterpieces: CD 7 | トップページ | レファレンス再考:その前提 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mendelssohn: The Complete Masterpieces: CD 8:

« Mendelssohn: The Complete Masterpieces: CD 7 | トップページ | レファレンス再考:その前提 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ