2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« プロフェッショナルとしての基盤 | トップページ | チャイコフスキー/絃楽セレナーデ »

2009/01/17

ベートーヴェン/交響曲第7番

ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調作品92@フェレンツ・フリッチャイ/ベルリン・フィル(DG:POCG-3087)

 1957年9月の録音.
 この曲,クラシック音楽を取り上げて人気のマンガに登場したおかげで,あれよあれよと言う間にテレビCMにまで進出してしまった(^^;).ベートーヴェンどころか,交響曲史上でも屈指の名曲の割にはこれまで地味な扱われ方をしてきた作品なので,7番のファンとしては喜ぶべきことなんだろうなあ.

 フリッチャイのこの録音は,ところが7番でも実に重い.若い頃はもっと颯爽とした演奏をしていたのだろうが,これは晩年の録音である.リズムが重いわけではないのだが,テンポが巌のように重いのである.引きずってはいないが,がっちりとしたインテンポで音楽は進行する.結果,フリッチャイの晩年に比較されたというフルトヴェングラーよりは,むしろクレンペラーを連想させる芸風になっている.恐らく,リズムの快感をこの曲に期待した聴き手は裏切られることであろう.この,ぎっちり情報の詰まった芸風になじめるかどうかが,初心者から次の段階へ分け入る関門になりそうである(^^;).

« プロフェッショナルとしての基盤 | トップページ | チャイコフスキー/絃楽セレナーデ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/交響曲第7番:

« プロフェッショナルとしての基盤 | トップページ | チャイコフスキー/絃楽セレナーデ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ