2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« エルガー/交響曲第2番 | トップページ | J.S.バッハ/マタイ受難曲 »

2009/01/28

マーラー/大地の歌

マーラー/交響曲「大地の歌」@パウル・クレツキ/フィルハーモニア管絃楽団(EMI:4 76912 2)

 1959年10月の録音.
 通常のアルト・ソロの替わりにバリトンを立てた録音で,歌うはディートリヒ・フィッシャー・ディースカウという,珍しいもの.知ってる限りでは,他はバーンスタイン(こちらもフィッシャー・ディースカウ)とラトルくらいかな,バリトンを立てた録音は?
 クレツキ(1900-1973)はポーランド出身で,早い時期からマーラーを好んで取り上げた指揮者のひとり.同世代のジョージ・セルなどとは異なり,かなり暗い情念を抱え込みながら,それを丹念な表現で覆い隠しているような指揮振りで,モダーンな外面のところどころにその裂け目が感じられるのが面白い.

« エルガー/交響曲第2番 | トップページ | J.S.バッハ/マタイ受難曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

サロネン&LAPで、ドミンゴ(T)とボ・スコウフス(Br)が歌ってるのがあります。
正直、地味です……

>>ふみお さん

ラトルのも地味でした.
男声だから地味になるのか,地味にやりたい指揮者が男声を選ぶのか.でも,バーンスタインのはデッカだったけどCBS時代の頃の,いつものバーンスタインだったなあ.

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラー/大地の歌:

« エルガー/交響曲第2番 | トップページ | J.S.バッハ/マタイ受難曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ