2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »

2008年5月4日 - 2008年5月10日の記事

2008/05/10

マーラー/交響曲第7番

マーラー/交響曲第7番ホ短調@ミヒャエル・ギーレン/南西ドイツ放送交響楽団(インターコード:INT 860.924)

 1993年4月の録音.
 現代音楽の守護神として鳴らしたギーレン(1927-)最盛期の録音である.ヘンスラーで全集がまとめられたときも,この作品は(第9番とは異なり)再録音されずにこの録音が収録されたが,まず正解だろう(^^;).指揮者もオケも絶好調だから.
 同時期にラトルやベルティーニ,シャイーなどの第7番も録音されたが,いずれ劣らぬ好演奏で,1980年代後半から1990年代前半がマーラー録音の一画期だったことは間違いないと思われる.

 時には歴史を押さえることも大切か.

2008/05/09

ヴィエニャフスキ/ヴァイオリン協奏曲第2番

ヴィエニャフスキ/ヴァイオリン協奏曲第2番ニ短調作品22@ヘンリク・シェリング&ヤン・クレンツ/バンベルク交響楽団(フィリップス:PHCP-9721)

 1972年5月28日から31日の録音.
 ヴィニャエフスキ(1835-1880)はポーランドに生まれ,モスクワで亡くなった,当時の名ヴァイオリニスト.華麗な技巧と演奏で鳴らしたというその芸風は,この協奏曲でもいかんなく発揮されている.彼の名前を冠したヴァイオリンのコンクール(確か第1回の優勝者がジネット・ヌヴー)は今でもあるのかな?

 作曲者と同じポーランド生まれのヴァイオリニストと指揮者が組んで録音したこの演奏,鈍重なオケに多少の不満はあれど悪いわけが無い(^^;).華麗なヴァイオリンをシェリングが細かいところまで神経の行き届いた音で聴かせてくれる.

公共図書館における「場所」と「機能」

あるべき図書館(公共施設)とは - Arisanのノート

 この種の論調は,僕が忘れた頃にひょっこり現れる(^^;).しかし正直,この種の論調には食傷気味.何しろ,僕は少なくとも2度(【愚智提衡而立治之至也: 公共図書館が保障するもの】【愚智提衡而立治之至也: 公共図書館の「ホームレス支援」】)既にこの問題に触れているので,また同じ事を書かなければならないのかと思うところ.

 ・・・・・・図書館業界内でも時々,「ホームレス支援も出来ないのに,何がビジネス支援だ」みたいな論調で「ビジネス支援」非難をする人々がいた(今もいる?).公共図書館でホームレスに居場所を提供し,風呂を提供し,炊き出しをするのが社会正義だ,と言わんばかりの勢いで.少なくとも僕には,彼らの言う「ホームレス支援」の究極の目標は,そこにあると感じられたが,実際のところ彼らはどこまで想定していたんだろう.
 しかし,前川恒雄が『新版図書館の発見』(日本放送出版協会/2006年1月初版)で「○○支援」を十把ひとからげに非難した頃から,業界ではぱったり「ホームレス支援」と言うことが言われなくなったような感触があるのは,僕の気のせいか? 他の「○○支援」はビジネスでも医療でも法律でも活発なのに.

 批判を承知で言わせてもらうが,(ホームレス支援に限らず)直接的な支援活動を公共図書館が引き受けることは,行政/地方自治という組織内においても,その存立にかかわる概念から考えても公共図書館の任ではない.特に直接的なホームレス支援については,行政/地方自治の中にそれを行う,しかるべき部署があるのだから.その部署が支援を怠っているが故に公共図書館が,炊き出しのような直接的なホームレス支援に乗り出すというのは本末転倒の謗りを免れない.もし公共図書館に可能な「ホームレス支援」というものがあるとすれば,それは『図書館の力』(森崎震二, 戸田あきら著/新日本出版社/1993年6月初版)の冒頭を飾る挿話のような,ビジネス支援の原点とも言うべき,公共図書館が持つ「知識」の集積を基礎にしたものであるべきで,炊き出しなどの直接的な支援行為ではありえないはずである.

 結局,反知性主義,とまでは言わないにせよ,「公共図書館」という概念に対する認識の相違と,民主制や行政/地方自治への批判と,「知」あるいは「知識」への軽視とがないまぜになっての結果が,この種の論調を生み出す素地になっているのかと思う.何しろ当事者である公共図書館の職員自身が目を瞑っていることが多いが,公共図書館もまた行政/地方自治の一部署であり,図書館職員は本人が好むと好まざると行政/地方自治における権力の一翼を担っているのである.時として,どこまでいっても交わらない「価値」「評価」の判断をせざるを得ない立場に置かれていることをもう少し,業界の内と外とを問わず,きちんと捉えなおしておかなければ今後ますます拙い立場に追い込まれることになるだろう.

 なお,Arisanさんは


そういう役目をあえて負うこと(意識すること)によってでなければ、図書館という場所の持つ公共空間としての価値は、再生できないのではないか、ということです。
とおっしゃられているが,ここで僕が述べているのは「公共空間」の問題ではなく,公共図書館が帯びている概念と機能の話である.公共図書館という「場所」を利用して,ホームレス支援のNPOなどが支援活動を行うことについては,また別の話であり,それは公共図書館を「公共空間」として新たな価値の創造をもたらすか,あるいはその利用/再生には有効な手段たりえるかもしれないことを,付記しておく.

2008/05/08

ヴィヴァルディ/和声と創意の試み

ヴィヴァルディ/協奏曲集「和声と創意の試み」作品8@イタリア合奏団(デンオン:COCO-70722/70723)

 1986年7月16日から22日にかけての録音.
 この12曲からなる協奏曲集の1番から4番が,いわゆる「四季」になります.この演奏は,特徴的なところがあるわけではありませんが,安定と安心がモットーのようなところがあって(^^;),疲れている身には何も考えずに聴くことが出来るところがいいです.元気なときは,こーゆう演奏って物足りなく感じるのですが(そーゆうときはイル・ジャルディーノ・アルモニコの「四季」がおススメ(^^;)),今日はもう衒いのある解釈を受け付けないほど,ゆとりと潤いが自分に欠けていますね.
 こちとらがくたびれているのは,連休の疲労よりも連休後に問題があるのですが(^^;).今月はホントに気の休まるときが無さそうです.やれやれ(sigh).

2008/05/07

サティ/ピアノ曲集

サティ/ピアノ曲集@アン・ケフェレック(ヴァージン:5 22050 2)

 1993年と1988年の録音.
 疲れているから流しているけど,いちいち曲目など確認もしていないという(^^;).「家具の音楽」なんだから,それが正しいんだろ,とサティに合わせて皮肉っぽく書いてみる.もっとも,この響きの美しさはさすが,たいしたものだと思う.癒されたい方向け.

 さて,5月はこれから公私共に,しばらく忙しくなるので,このblogも更新が止まるときがあるかも.月末には平常進行に戻れると思いますが,さてどうなるかなあ.

2008/05/06

黄金週間

Imgp125702

Imgp125902


 予定外の行き先に行く羽目になり,ホントに行きたかったところには結界を張られてしまい行けませんでした(-_-;).こういうことになるなら,「この日に行くけど」と誰かに声をかけておいて,クルマの同乗者はTXで自宅へ返すのでしたよ.もったいなかったなあ.

« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ