2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« やっとこさ試験運用を始めますよ(遅い!) | トップページ | チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 »

2008/11/21

シューベルト/絃楽四重奏曲「死と乙女」

シューベルト/絃楽四重奏曲ニ短調D810@ケルビーニ四重奏団(EMI:7 49901 2)

 1989年4月30日-5月3日の録音.
 クリストフ・ポッペンが第1ヴァイオリンを務めるピリオド楽派のクァルテットによる「死と乙女」である.これがシューベルトっぽいノンビリした演奏かと思えば,意外にも(?)そうではなく,さすがに曲に相応しい,緊迫した内面のドラマがよく表現されている,いい演奏.しかし,このブルックナーの第7番のような楽章間の規模のアンバランス(16分45秒,14分49秒,3分41秒,8分51秒)は一体何なんだ?

« やっとこさ試験運用を始めますよ(遅い!) | トップページ | チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューベルト/絃楽四重奏曲「死と乙女」:

« やっとこさ試験運用を始めますよ(遅い!) | トップページ | チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ