2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 開かれた公共図書館とその敵 | トップページ | 開かれた公共図書館とその敵(続) »

2008/11/10

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第14番

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調作品27の2@エリー・ナイ(コロッセウム:COL9025-12.2)

 1967年の録音.
 第二次世界大戦前,ベートーヴェン弾きとして勇名を馳せたエリー・ナイ(1882-1968)最晩年の録音である.大ピアニストでありながら,ナチへの忠誠があまりに明らかであったために戦後は長らく不遇をかこつことになる.それでも晩年に至るまで健在で,この録音に聴かれるような全盛期を偲ばせるに足る演奏を聴かせ続けたようである.

 この録音でも,さすがにフィナーレでは技巧の衰えと思しき箇所が散見されるものの,同じくフィナーレで突然轟く雷鳴のようなフォルティッシモは,間違いなく演奏として様式化された解釈であり,老いからくる誇張や弛緩ではあるまい.「楽聖ベートーヴェン」の見事な解釈であり,演奏であろう.

« 開かれた公共図書館とその敵 | トップページ | 開かれた公共図書館とその敵(続) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第14番:

« 開かれた公共図書館とその敵 | トップページ | 開かれた公共図書館とその敵(続) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ