2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« シューベルト/交響曲D944 | トップページ | ホルスト/惑星 »

2008/10/21

ベートーヴェン/交響曲第5番

ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調作品67@ジョージ・セル/ヴィーン・フィル(オルフェオ:C 484 981 B)

 1969年8月24日,ザルツブルク音楽祭,祝祭大劇場でのライヴ録音.
 演目はオール・ベートーヴェン・プログラムで「エグモント」序曲,ピアノ協奏曲第3番(ソリストはエミール・ギレリス),そして交響曲第5番で〆る.

 最晩年のセル,つまりEMIにシューベルトのD944やドヴォルジャークの第8番を録音した頃の芸風が見事に示されている,貴重な記録である.この指揮者はこの頃になってようやく,それまでの厳格なオーケストラ・コントロールに加えた形で,自由闊達な芸を獲得したのだった.この演奏よりほんの数年前にライヴ録音された,ブルックナーの第7番(チェコ・フィル,オルフェオ)と比較してみれば一目瞭然,という奴である.あれは録音がモノラルということもあるのだろうけど,ブルックナーが骨と皮だけの恐るべき残骸と化していたのに比べて,このベートーヴェンの厳格・清潔でありながら闊達たりえている音楽の有り様は,まず「人生の夕映え」と賞賛するに足る名演と評していいだろう.

« シューベルト/交響曲D944 | トップページ | ホルスト/惑星 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/交響曲第5番:

« シューベルト/交響曲D944 | トップページ | ホルスト/惑星 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ