2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« マーラー/交響曲第3番 | トップページ | ねえねえ,いやはや,ちょっとこれ,やれどうしたものか.あーまったくもう »

2008/10/16

ベートーヴェン/交響曲第6番

ベートーヴェン/交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」@フランツ・シャルク/ヴィーン・フィル(HMV/プライザー:90111)

 1928年4月4日と11日の録音.
 シャルク(1863-1931)はブルックナーの改竄版を作ったことで兄のヨーゼフ・シャルクやフェルディナント・レーヴェとともに「三使徒」ならぬ「三悪人」(^^;)の如く言われていることもあるヴィーンの指揮者.先日取り上げた同年生まれのヴァインガルトナーともども,マーラーからは無能な指揮者とみなされていたらしい.

 この「田園」に聴くシャルクの芸風は,「田園」の描写に気配りしながらも,きびきびしたテンポで颯爽と走る,非常にモダーンでスタイリッシュなもの.年下のハンス・プフィッツナー(1869-1949)の方が遙かにロマンティックで濃厚な指揮振りである.確かに激しくテンポを動かし疾風怒濤な指揮を聴かせたらしいマーラーとは相容れそうにも無い(^^;).

« マーラー/交響曲第3番 | トップページ | ねえねえ,いやはや,ちょっとこれ,やれどうしたものか.あーまったくもう »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/交響曲第6番:

« マーラー/交響曲第3番 | トップページ | ねえねえ,いやはや,ちょっとこれ,やれどうしたものか.あーまったくもう »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ