2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« Library of the Year 2008 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第5番 »

2008/10/20

シューベルト/交響曲D944

シューベルト/交響曲ハ長調D944(第9番)@アルトゥーロ・トスカニーニ/フィラデルフィア管絃楽団(BMG:BVCC-7039)

 1941年11月16日の録音.
 トスカニーニ(1867-1957)が珍しく,フィラデルフィアを振った録音.このとき,トスカニーニはCDにして4枚分の録音を集中的に行ったうちの1曲である.CDの解説に拠れば,トスカニーニにとってシューベルトのD944は僕の想像以上に,そのキャリアの上で大切な音楽であったらしい.

 面白いことに,総じてテンポの速い演奏でありながら(46分弱と,カラヤン並みの速さである),第1楽章の序奏の終結部では若干テンポを落とし,見得を切るように提示部に突入している.このようなやり方はトスカニーニ以外,聴いた記憶が無い.
 ウチのカミさんによると,トスカニーニのスゴイのは「低音部がぶれず,縦の線が合っている上に,基本のテンポが常にビシッと決まっているところ」なんだそうで,故にトスカニーニの演奏は大変聴きやすいものなんだとか.NBCはもちろん,このフィラデルフィアとの演奏でも,その辺りは変わってない由.

« Library of the Year 2008 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第5番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューベルト/交響曲D944:

« Library of the Year 2008 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第5番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ