2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ショスタコーヴィチ/交響曲第7番 | トップページ | マーラー/交響曲第3番 »

2008/10/14

ベートーヴェン/交響曲第3番

ベートーヴェン/交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」@フェリックス・ヴァインガルトナー/ヴィーン・フィル(EMI/新星堂:SGR-8004)

 1936年5月22日,23日の録音.
 ヴァインガルトナー(1863-1942)は第二次大戦前に日本を訪れた唯一の大指揮者である.何しろフランツ・リストの弟子で,ベルリン宮廷歌劇場の指揮者からヴィーンの宮廷歌劇場の指揮者(前任がグスタフ・マーラー)という日の当たる道を歩き続けた指揮者だったが,それでもシューベルトの録音をレコード会社に認められず,常々「未完成」と「グレート」が録音したい,と言っていたとか.

 またフルトヴェングラー同様に「指揮もする作曲家」と自分を任じていた節もある.自らの作品は現在でもほとんど日の目を見ていないが,編曲作品は時々思い出されることがある.ベートーヴェンの「ハンマークラヴィーア・ソナタ」(自ら録音している)の管絃楽編曲,シューベルトの交響曲ホ長調D729の編曲が知られているだろうか.

 気品には優れているが構えばかりが堂々としていて,音楽を突き放したような演奏をすることが多かったようだが(ブラームスの交響曲録音が典型),この「英雄」では柴田南雄も述べているように,非常に気合の入った演奏を聴かせる.何か心中,期するところがあったのだろうか.

« ショスタコーヴィチ/交響曲第7番 | トップページ | マーラー/交響曲第3番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/交響曲第3番:

« ショスタコーヴィチ/交響曲第7番 | トップページ | マーラー/交響曲第3番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ