2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | From Eroica with Love »

2008/10/06

ビーバー/レクィエム

ビーバー/レクィエム イ長調@グスタフ・レオンハルト/オランダ・バロック・オーケストラ(ドイツ・ハルモニア・ムンディ:88697 281822/13)

 1995年頃の録音?
 ハインリヒ・イグナーツ・フランツ・ビーバー(1644-1704)は当代きってのヴァイオリンの名手として知られ,またザルツブルクの宮廷楽長を務めた作曲家.ヴァイオリンのための作品(「ロザリオのソナタ」など)が有名だが,「53声部のミサ」として知られる「ザルツブルク・ミサ曲」が近年,ビーバーの作品と目されるようになったように,多声部のための声楽曲なども書いている.この「レクィエム」も15声部のための作品である.

 ビーバーの作風は「ザルツブルク・ミサ曲」のようにどこまでも明るく伸びやか,現世の憂いなど吹き飛ばしてしまうような爽やかな音楽で,これが「レクィエム」ですか,というくらい.大バッハ以降のしんねりむっつりした深刻な宗教音楽ばかり聴いていると,とまどうこと請け合いである,かな(^^;).

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | From Eroica with Love »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビーバー/レクィエム:

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | From Eroica with Love »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ