2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ニールセン/交響曲第3番 | トップページ | 入野義朗/シンフォニア »

2008/09/05

シューベルト/交響曲第2番

シューベルト/交響曲変ロ長調D125(第2番)@カール・ベーム/ベルリン・フィル(DG:471 308-2)

 1971年5月の録音.
 記憶に間違いが無ければ,カール・ベーム(1894-1981)がヴィーン・フィルとの引退演奏会に予定していた曲目はシューベルトの「未完成」と「グレート」だった.残念ながらその演奏会に登壇することなくベームは死去し,その演奏会は追悼演奏会として,同じ演目をヴォルフガング・サヴァリッシュが振っている.ベームが定評のあったモーツァルトやベートーヴェンではなく,シューベルトの2曲を選んでいた,というのが興味ぶかい.

 五味康祐が何処かで皮肉交じりに書いていたけど,シューベルトの「やさしさ」は年寄りが癒されるのだから本物である,と.

 さて,この曲はシューベルト17歳の若書き(1814年).フィナーレに早くも後年の大作の予兆を感じさせる,幾分の冗長さが感じられるものの,全体的に明るく華やいだ雰囲気の音楽である.ベームの棒は堅実そのもので,安定したテンポとかっちりしたアンサンブルで,シューベルトの若書きゆえの明るさを引き出した見事な演奏を仕上げている.

« ニールセン/交響曲第3番 | トップページ | 入野義朗/シンフォニア »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューベルト/交響曲第2番:

« ニールセン/交響曲第3番 | トップページ | 入野義朗/シンフォニア »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ