2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ジェフスキ/「不屈の民」変奏曲 | トップページ | 大栗裕/ヴァイオリン協奏曲 »

2008/09/10

シンディング/交響曲第1番

シンディング/交響曲第1番ニ短調作品21@アリ・ラシライネン/ノルウェイ放送管絃楽団(フィンランディア:WPCS-10420)

 1998年9月の録音
 クリスティアン・シンディング(1856-1941)はノルウェイにおいて,グリーグの次の世代を代表する作曲家だが,主な活動の場はドイツである.ライプツィヒで学んだ後,ノルウェイ政府からの奨学金と年金を得て,作曲に専念する.ドイツ・ロマン派の作曲技法を受け継ぎ,ブラームスとニールセンの中間あたりに位置するオーケストレーションで交響曲を書いた.

 北欧の交響曲に時々聴かれる,遠心力の効いた取りとめの無さはシンディングの交響曲にも聴くことが出来るが,この第1番(1890年)は悲劇的かつヒロイックな雰囲気でまとめられており,美しい旋律が聴かれる第2楽章が白眉である.ラシライネンの演奏は過不足無くまとめられ,作品の価値を伝えるのに成功している.

« ジェフスキ/「不屈の民」変奏曲 | トップページ | 大栗裕/ヴァイオリン協奏曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンディング/交響曲第1番:

« ジェフスキ/「不屈の民」変奏曲 | トップページ | 大栗裕/ヴァイオリン協奏曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ