2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 大栗裕/ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | レスピーギ/ローマの松 »

2008/09/12

スメタナ/モルダウ

スメタナ/交響詩「我が祖国」より第2曲「ヴルダヴァ(モルダウ)」@アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー/ベルリン国立歌劇場管絃楽団(コッホ・シュヴァン:CD 310 037 H1)

 1928年から1930年ごろの録音(ブックレットが不備でよくわからない).
 ツェムリンスキー(1871-1941)はアーノルト・シェーンベルクの義兄で,最初にシェーンベルクに作曲を教えた人物でもある.作曲家,指揮者としてベルリンやヴィーン.プラハなどで活動したが,ユダヤ系のためUSAに亡命し,ニューヨークで最後の歌劇を未完のまま残して亡くなった.第二次世界大戦後,戦前の名声の割には前衛の影に追いやられて冷遇されてきたが,1980年代よりその作品は徐々に復活してきている.

 指揮者としては,モーツァルトの歌劇の卓越した演奏で知られたが,残念ながら同時代のフリッツ・ブッシュのような録音には恵まれず,電気録音直後の1928年から1930年ごろに,モーツァルトを含む作曲家の小品を録音するにとどまった.世代的にはワルターやフルトヴェングラーより年長であるにもかかわらず新古典主義的なスタイルで,イン・テンポで音楽そのものに語らせようとする,直截な芸風をとるのが面白い.

« 大栗裕/ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | レスピーギ/ローマの松 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スメタナ/モルダウ:

« 大栗裕/ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | レスピーギ/ローマの松 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ