2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« シンディング/交響曲第1番 | トップページ | スメタナ/モルダウ »

2008/09/11

大栗裕/ヴァイオリン協奏曲

大栗裕/ヴァイオリン協奏曲@高木和弘&下野竜也/大阪フィル(ナクソス:8.555321J)

 2000年8月の録音.
 大栗裕(1918-1982)は大阪は船場の生まれ.家業を放擲して東京でホルンを学び,東京交響楽団(現在の東京フィルの前身)から日本交響楽団(現在のN響の前身)を経て,朝比奈隆の大阪フィルでホルン奏者として活動する傍ら作曲も手がけた.恐らく,吹奏楽の分野では現在も作品が演奏されている日本の作曲家のひとりだろうか.
 
 このヴァイオリン協奏曲は1963年11月にヴァイオリン独奏に辻久子を迎え,朝比奈隆が振る大阪フィルにより委嘱元の毎日放送にて初演されている.約30分ほどの作品で,楽章配置などほぼ西欧古典の形式に則っているが,使用されている旋律は実に日本的なもので,このあたりの感性は吹田出身の貴志康一(1909-1937)のヴァイオリン協奏曲に通じるものがあるような.

« シンディング/交響曲第1番 | トップページ | スメタナ/モルダウ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大栗裕/ヴァイオリン協奏曲:

« シンディング/交響曲第1番 | トップページ | スメタナ/モルダウ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ