2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 「ともんけんウィークリー」始まる | トップページ | 純化路線で「衰退するコミュニティ」 »

2008/08/26

ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ第1番

ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調作品78@シェロモ・ミンツ&イタマール・ゴラン(AVIE:AV2057)

 2003年10月から11月の録音.
 DGで派手に売り出されたものの,尻つぼみの感があって何時の間にやらメジャーから消えていたミンツが,実にいい音楽を奏でるヴァイオリニストに変貌しているのであった.昔から指摘されていた,音が籠り気味なのは相変わらずだが(使用している楽器のためらしい),ここではブラームスの,それもソナタであるから,その音色がよく音楽にあっている.

 ・・・・・・この渋さがわかるようになったのは,恐らく自分が年をとったからなんだろう,と思うとちょっと寂しい気がしないでもない.

« 「ともんけんウィークリー」始まる | トップページ | 純化路線で「衰退するコミュニティ」 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ第1番:

« 「ともんけんウィークリー」始まる | トップページ | 純化路線で「衰退するコミュニティ」 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ