2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ヴェーベルン/パッサカリア | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第3番 »

2008/07/30

J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲第1番

J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調BWV1046@ヘルマン・シェルヘン/ヴィーン国立歌劇場管絃楽団員(ウェストミンスター:MVCW-14027/14028)

 1960年3月の録音.
 ブランデンブルク協奏曲の6曲中,最も規模の大きな作品.今や,発掘されたライヴ録音での奇矯な演奏で知られるシェルヘン(1891-1966)だが,ウェストミンスターへのバッハ録音では一貫して(時代の制約はあるにせよ)原典への回帰を目指した,真摯な演奏を繰り広げている.未だ古楽派が勃興していなかった時期に,新古典主義風なバッハを,しかも今でも聴ける水準で(シェルヘンより若かったはずのカール・ミュンヒンガーなど,一時期は大いにもてはやされたにもかかわらず,忘れ去られ廃れてしまった演奏家もいると言うのに)録音したというのは,如何にも八方破れなシェルヘンらしい(^^;)仕事ぶりのような気がする.

« ヴェーベルン/パッサカリア | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第3番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲第1番:

« ヴェーベルン/パッサカリア | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第3番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ