2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ヴァレーズ/アメリカ | トップページ | 「財政難図書館、不要本に埋まる 寄贈募るが多くは廃棄」 »

2008/07/18

ロドリーゴ/コンチェルト・セレナータ

ロドリーゴ/コンチェルト・セレナータ@竹松舞&飯森範親/日本フィル(デンオン:COCQ-83580)

 2001年8月8日-10日の録音.

 クーラーの無い我が家では,この暑いさなか,なかなか読書もエントリーの執筆も思ったように進まず,取り敢えずキレイで罪の無い音楽を聴きながら,とにもかくにも頭の中でいろいろと思案しているところ.

 一時,人気を博したアイドルハープ奏者,竹松舞による,ホアキン・ロドリーゴ(1901-1999)のハープと管絃楽のための協奏曲.19世紀への郷愁をセレナード風な音楽に託したという,かわいらしい協奏曲である.もともとロドリーゴの音楽には何処か哀愁と郷愁を誘うところがあるのだが,この作品もご他聞に漏れず,この録音を聴きながらハープを弾いている竹松のポートレートを眺めていると,何だかしみじみとしてしまう(^^;).浮世の憂さを忘れるひとときがあってもいいじゃないですか.

 皮肉られても蔑まれても,全力でスルーしますよ(^^;).

« ヴァレーズ/アメリカ | トップページ | 「財政難図書館、不要本に埋まる 寄贈募るが多くは廃棄」 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロドリーゴ/コンチェルト・セレナータ:

« ヴァレーズ/アメリカ | トップページ | 「財政難図書館、不要本に埋まる 寄贈募るが多くは廃棄」 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ