2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 昭和59年,夏 | トップページ | ロドリーゴ/コンチェルト・セレナータ »

2008/07/17

ヴァレーズ/アメリカ

ヴァレーズ/「アメリカ」@ケント・ナガノ/フランス国立管絃楽団(エラート:8573-85671-2)

 1992年ごろの録音.
 音楽史上の鬼才のひとり,エドガー・ヴァレーズ(1883-1965)は初期に書いていた作品をほぼすべて破棄してしまい,この「アメリカ」(1918-1922年)以降の,前衛的な作品のみを残した.その作品はどれもこれも,オーケストラからどのような「音響」を引き出せるかを実験しているような音楽ばかりである.この作品でも,ヴァレーズのオーケストレーションは多様な打楽器群のみならずサイレンまで動員して,オケからまばゆいばかりの,信じ難いほど多彩な響きを引き出している.

 ナガノの指揮は,さすがに分析的な解釈で鳴らすだけに,ヴァレーズの複雑とも聴こえる音楽の連続を,一種の必然のように聴かせてしまう.見事である.

« 昭和59年,夏 | トップページ | ロドリーゴ/コンチェルト・セレナータ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレーズ/アメリカ:

« 昭和59年,夏 | トップページ | ロドリーゴ/コンチェルト・セレナータ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ