2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« リヒャルト・シュトラウス/ドン・キホーテ | トップページ | ニールセン/交響曲第4番 »

2008/07/02

カリンニコフ/交響曲第1番

カリンニコフ/交響曲第1番ト短調@ネーメ・ヤルヴィ/スコティッシュ・ナショナル管絃楽団(シャンドス:CHAN8611)

 1987年4月17日から21日の録音.
 実は日本初演が戦前の近衛秀麿だったらしい,カリンニコフの傑作.ロシア圏以外ではしばらく忘れられていたフシがあるが,このヤルヴィの録音が(恐らく)嚆矢となってカリンニコフ・ルネサンスが始まったかのごとき感である.今では片手では足りない程度には,録音が出回っているのではあるまいか.
 初めて聴いたときから,どこか懐かしい香りのする音楽.はかなげで物悲しく感じるのは,作曲者の悲劇的な生涯とどうしても重ねてしまうから,ますますそのように聴こえてしまうのかもしれない.「ロシアのシューベルト」とでも形容したくなるような類の美しさである.
 スヴェトラーノフでもアシュケナージでも,豪快な解釈で振る指揮者の多い中にあって,ヤルヴィの演奏はパワフルな中にもリリカルな味わいを活かした好演.

« リヒャルト・シュトラウス/ドン・キホーテ | トップページ | ニールセン/交響曲第4番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリンニコフ/交響曲第1番:

« リヒャルト・シュトラウス/ドン・キホーテ | トップページ | ニールセン/交響曲第4番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ